スタッフブログ

2022年5月 « 4月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

中古マンション内覧時のポイント

2013年2月23日

こんにちは です。

みなさん中古マンションを内覧する時には、廊下側のお部屋にエアコン用のスリーブ(穴)があるかチェックしましょう!

中古マンション、特に昭和年代に建築されたマンションには、廊下に面したお部屋にはエアコン用のスリーブがない物件もあります。
多分当時は各部屋にエアコンをつけるなんて贅沢だったんでしょうね。

それでもエアコンを付けたい時には、2つの解決策があります。

①窓用エアコンを付ける。

窓用が取付できない場合は、

②ドレーンパイプをトイレのタンクや、洗濯機置用の防水パン、洗面化粧台につなげる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・エアコンを稼動すると熱交換の過程でエアコン本体から少量ですが水が出ます。この水をうまく排水できれば、エアコン本体と室外機をつなぐホースは長くなっても大丈夫です(勿論 部屋の中にホースを通していかなくてはなりません)。

弊社でも先日リフォーム工事いたしました。
お客様は、「これで、この部屋を寝室にできる」と喜んでおられました。